SAT整骨院メニュー

 

スポーツによる怪我の方

 

 野球・サッカー・バレー・ゴルフなどにスポーツによる、捻挫・打撲・挫傷・ねんざ・、腱鞘炎・肉離れなどの治療も承っています。
 

 

 
スポーツ外傷とは

 足首のねんざや手首の捻挫・肉離れ・打撲・突き指などの突発的なけがのことです。
 主に、スポーツ中に無理な力がかかることによるけがで、たとえ痛みが少ない場合でも、筋肉や忍耐などの組織の炎症や腫れや間接が動く範囲が制限されたり、動かすと強く痛むケースが多くなります。
 特に腫れや炎症が伴う場合は、十分な安静が必要になります。
この筋肉や靭帯の腫れ、炎症に対しての早期の適切な治療は、けがの再発や悪化を抑えるためには必須ですので、まず、けがをされたら、きちんとした治療を受けてください。

スポーツ障害とは

 例えば、シンスプリント、成長過程で診られるオスグット病、外脛骨、野球肩、腰椎分離症、腰椎すべり症、など、使い過ぎのいわゆるオーバーユースにて引き起こされるけがのことを指します。
 スポーツ障害は、身体的、もしくはスポーツの環境的要因で起こります。
  最初はわずかな違和感だったものが、痛みをに変わり、痛みを抱えたまま運動を続けることによる障害のことで、その痛みは長く残る傾向があるので要注意です。